Top / MOD一覧 / CharacterGameMOD

CharacterGameMOD

キャラゲ大戦MOD

キャラゲ大戦MODとは全国に散らばる大小数々のゲームメーカーが生き残りを賭けてシェア(勢力)拡大を目指すMODです。
登場する勢力は全て実在するゲームメーカーであり、指揮官・閣僚・研究機関には各メーカーに由来する様々なキャラクターが集っています。
過酷なゲーム業界において厳しいシェア争いを勝ち抜くため、各キャラクターを指揮して縦横無尽に活躍させてください。

対応バージョン

・Hearts of Iron 2 Doomsday Ver1.3a
・Hearts of Iron 2 Doomsday Armageddon Ver2.2.2 (※MOD同梱の追加対応ファイル群の適応が必要)
・Arsenal of Democracy Ver1.04 & 1.07 (※MOD同梱の追加対応ファイル群の適応が必要)
・Darkest Hour Ver1.03 & 1.04 (英語版に日本語化パッチ&和訳ファイルを適用した環境が必要)

更新履歴

2009/09/09:Ver2.00 : Ver2.00公開開始
2009/11/07:Ver2.10 : 新規国家追加 & 新規シナリオ追加
2010/01/16:Ver2.20 : 新規国家追加 & 既存追加国家の指揮官・閣僚・研究機関追加
2010/03/26:Ver2.30 : 新規国家追加 & イベント追加修正
2010/06/17:Ver2.40 : 新規国家追加 & 新規シナリオ追加
2010/09/23:Ver2.50 : AOD Ver1.04対応ファイル追加 & 新規国家追加
2010/12/21:Ver2.60 : DDA対応ファイル追加 & 新規国家追加
2011/03/25:Ver2.70 : 国家政策をMOD独自のものに置換(AOD向け) & 新規国家追加
2011/10/01:Ver2.80 : 新規国家追加 & 既存追加国家の指揮官・閣僚・研究機関追加
2012/07/21:Ver2.90 : 新規国家追加 & 既存追加国家の指揮官・閣僚・研究機関追加
2013/04/07:Ver3.00 : 新規ショートシナリオ追加 & イデオロギー&政策スライダー名称変更
2013/04/17:Ver3.00 : DH版にDD/DDA/AOD版 Ver3.00までの更新内容を反映
2014/01/19:Ver3.10 : 新規国家追加 & 既存追加国家の指揮官・閣僚・研究機関追加
2016/11/08:Ver3.18 : DH版をDH Ver1.04に対応 & DDA/AOD版 Ver3.18までの更新内容を反映

MODのダウンロード

キャラゲ大戦MOD(Ver3.00): ダウンロード ※DD版はこちら

キャラゲ大戦MOD(Ver3.18): ダウンロード ※DDA・AOD版はこちら

キャラゲ大戦MOD(Ver3.18): ダウンロード ※DH版はこちら

※DH版はkaieren様より提供いただきました。
 DH版を作成していただいたkaieren様にはこの場を借りて篤くお礼申し上げます。

導入法

HoI2のほぼ全てのデータに手を入れているため、MODDIRの導入は必須となります。
MODDIR用にHoI2のオリジナルファイルを丸ごとコピーした上で、本MODを適応してください。

参考:MODDIRの使い方

※DH版は導入方法が異なります。詳しくはMOD付属のれどみファイルを参照ください。

概要

  • ゲームに登場する全国家が実在するゲームメーカー(約200社)へと変化
  • 全ての指揮官・閣僚・研究機関が各メーカーに関係するキャラクターで構成(指揮官:約18000人 閣僚:約9500人 研究機関:約2200個)
  • 一定条件を満たすことで各メーカー固有のユニークユニットが出現
  • ゲーム中に発生するイベントの一部がゲーム業界で実際に発生した出来事を模したものに変化
  • キャンペーンシナリオ4本、ショートシナリオ5本を実装(下記「シナリオ紹介」参照)
  • スキンの一部が各ゲーム関連のものに変更

特徴

  • シナリオ開始直後に各メーカーにて政権担当する作品(キャラクター)を選択するイベントが発生。
    イデオロギー毎に作品別にキャラクターが纏まっているため、政治体制が変わると閣僚の顔ぶれも大きく変化します。
  • 既存イベントの多くはそのまま組み込んでいるため、大国は基本、オリジナルゲームと同様の動きを採ります。
    そのため、第二次世界大戦や日中戦争など主な戦闘は国家やイベント名は違えどオリジナルゲームの展開を踏襲します。
    ただし、アフリカや南米、中東、南アジア方面で各国家が独自の動きをする影響で高い確率で不思議大戦が展開されます。
  • 大国以外にも一部の中小国家は一定条件を満たす毎に勢力を拡大するための行動を採ります。
    中小メーカーが気がつけば大陸を統一する一大勢力となっていることもあります。
    また独自のAIを持っているメーカーもあり、メーカーによって特化した生産・研究を行います。
    一定条件を満たすことで稀に核やロケットも生産対象となり、終盤の戦闘が泥沼化するケースも。

こんな方にオススメ

  • オリジナルゲームにもう飽きたという方
  • 目に見える変化・刺激が欲しいという方
  • ゲーム業界ネタに興味を持っている方
  • キャラクターゲームを好んでプレイされる方
  • お気に入りメーカーの作品を全世界に布教したい方
  • 二次元の世界に片足を突っ込まれている方

シナリオ紹介

  • 「第二次キャラゲ大戦」
     約100社のメーカーが全世界で入り乱れて覇を競い合うバトルロイアル大戦。
     初期状態で最も多くのメーカーが選択できるシナリオであり、マイナーな弱小メーカーでの成り上がりプレイも可能です。
     但し、国家数が多く、常に世界のどこかで戦闘が頻発している状態のため、オリジナルゲームに比べ動作は重いです。
  • 「次世代ハード戦争」
     4大ハードメーカーを筆頭とする約50社のメーカーがシェア(領土)を奪い合うシナリオ。
     オリジナルゲームに近い構成を採っており、ゲームの展開も比較的似た様な感じで進行します。
     国家数が絞られており、戦闘発生頻度も少ないので、動作は比較的軽いシナリオです。
  • 「倫理への挑戦」
     約100社のPCゲームブランドよる百花繚乱の様相が展開されるシナリオ。
     登場するメーカーがアレな方面で固められているため、とりあえず華やかです。誰得なマイナーメーカーも多数登場。
     一部のメーカーに大きなAIボーナスが付与されているため、それらメーカーを相手にすると死ねます。
  • 「激突 法改正論争」
     ゲーム業界(の一部)を震撼させている某法律の是非を巡って法改正推進派と反対派がせめぎあうシナリオ。
     世論の支持を背景に圧倒的な力で攻め潰そうとする推進派の前に反対派は常に廃業と隣り合わせのシビアな戦略を要求されます。
     滅びの美学にロマンを感じる方向けのシナリオ。早い段階でAIがIC1000近くの巨大国家に育つ影響で動作はかなり重いです。
  • 「非実在青少年の定義」
     某国都にて新たに改正しようとしている某条例を巡る都議会と業界団体との対立を描いたショートシナリオ。
     MAPを日本と中国のみに絞っている以外は通常のシナリオと同じ操作が可能です。
     現段階ではイベントはほとんど実装していないため、実力が物をいうガチンコバトルとなってます。
  • 「テトリス版権の行方」
     テトリスの版権を巡って二大メーカーが激突するショートシナリオ。
     内容はバルバロッサ作戦を本MOD向けに改変したものになります。
  • 「角川御家騒動」
     兄弟争いに端を発する大手出版社分裂による混乱から立ち直り、再統合を目指すショートシナリオ。
     内容はスペイン内戦を本MOD向けに改変したものになります。
  • 「ティアサガ法廷闘争」
     名作シリーズの生みの親の開発した作品を巡る二大企業の法廷闘争をテーマにしたショートシナリオ。
     こちらも現段階でイベントをほとんど実装していないため、純粋に戦術を楽しみたい方向け。
  • 「任天堂の倒し方」
     コンソールゲーム業界とソーシャルゲーム業界間の激しいシェア争いをテーマにしたショートシナリオ。
     MAPをヨーロッパのみに絞っている以外は通常のシナリオと同じ操作が可能です。

他MODとの相性

 ほぼ全ての国家データを改変、イベント改変、スキン変更、ユニット・テクノロジー追加と
 多くのデータに手を入れているため、他MODとの共存はまず不可能。
 ただ、ゲームデータに影響を与えないグラフィック系のMODなら共存可能かもしれません。

FAQ

Q:英語版でこのMODをプレイすることは可能?
A:本MODは日本語版のデータを元に作成・動作確認しており、英語版でのプレイは想定していません。
  ただ、日本語化パッチを当てた英語版であれば、多少MODに修正を加えることで動作したとの連絡はいただいています。
  詳しくはMOD同梱(追加対応ファイル群フォルダ内)の「英語版でのプレイについて(参考)」を参照。
  (といっても、製作者が英語版を持っておらず、動作確認できないので基本サポート対象外)
 
  ※DH版は英語版に日本語パッチ&和訳ファイルを適応した環境での動作が前提になっています。
   詳しくはMODに付属のれどみファイルを参照ください。

Q:国家選択時に特定国家を選択すると強制終了する。
A:英語版(日本語化パッチを当てたものを含む)では国家選択画面で強制終了するらしいです。
  ただし、日本語化パッチを当てた英語版であれば、MODのconfigフォルダ内のscenario_text.csvを削除すれば回避できるとか。
  これもMOD同梱(追加対応ファイル群フォルダ内)の「英語版でのプレイについて(参考)」を参照。

Q: ゲームスタート直後に以下のエラーメッセージが表示される。
 「ERROR : (ai-prefs : Unexpected field) 'infantry = 1000.0000' Line = 67 file = HoI2_CalgMOD\ai\ICL_1936.ai」
A: DDA(英語版)の既存バグになります。オリジナルのICL(アイスランド)のAIファイルに記述ミスがあるのが原因です。
  DDAのオリジナルゲームではアイスランドは登場しないので問題になることはありませんが、
  本MODではアイスランドの国家データを使用した国がデフォルトで登場しているのでこの現象が出ていました。
  今はMOD同梱(追加対応ファイル群フォルダ内)の「DDA対応ファイル」一式を適応すればこのエラーは出なくなるはず。

Q: ゲームスタート直後に上記以外の「unexpected field」関連エラーメッセージが出る
A: 発生状況の詳細がわからないため、はっきりとした原因はわかりませんが、
  Vista+DDA環境でプレイしている場合にこのエラーの発生がよく聞かれます。
 (自環境では再現しないため、詳細がわかる方がいれば情報提供いただけると助かります。)

Q: 併合後に再独立させた国家の指揮官が一人もいない。
A: DDの既存バグになります。このバグを回避するには併合後、一度セーブ&ロードしてから再独立させてください。
  もしくは併合を行わずに和平交渉で属国化してしまうのもひとつの回避手段です。

Q: チートコマンド(F12)を使うとゲームがフリーズする
A: DDの既存バグです。チートコマンド実行とイベント発生が同時に起こるとゲームがフリーズすることがあります。
  本MODでは各シナリオ開始直後の1936/01/01〜1936/01/05に各勢力で政権選択イベントが一斉に発生するため、
  シナリオ開始直後に時間を進行させたままチートコマンドを使用するとフリーズする可能性が高いです。
  チートコマンドを使用する場合は時間を一旦停止させるか、シナリオ開始直後は避けたほうがいいかと。

Q: ゲーム中に説明文(ポップアップメッセージ)を出すとゲームが強制終了することがある。
A: 英語版AODに本MODを当てた場合にこの症状が発生するらしいです。(日本語版は問題なし)
  兵器ポップアップと閣僚特性のポップアップを開いたときにエラー落ちしてしまう問題については
  configフォルダ内のtext.csvとunit_names.csvを日本語化MODのものに差し替えることで問題は解決できるそうです。

Q: 画像がまったく表示されない。
A: 諸々の事情により、本MODには画像データは含まれていません。詳しくはMOD付属のreadmeを一読ください。

雑感

なんというか、やっちゃった感が凄まじいです。なので多くは語りません。
とりあえずキャラゲという単語に惹かれるものがあるなら、お試しでプレイをしていただければ幸いです。

なお、プレイの際には付属の「readme(必読).txt」の御確認をお願い致します。


Top / MOD一覧 / CharacterGameMOD