Top / MOD一覧 / MOD製作 / マップ / 島プロヴィンスの追加

MOD製作/マップ/島プロヴィンスの追加

MOD製作/マップ

ここでは最も作成が簡単である(と筆者が思っている)島プロヴィンスの作成方法を説明します。
ペイントソフトが無いと作業できませんので、持っていない人は[[ここ>MOD製作/マップ #o74bee71]]あたりを参考にして用意して下さい。

 

画像の編集

さて、準備が出来たらpngファイルをいじりましょう。
大きなマップを追加するような場合は先に追加するマップを作成してから抽出したpngファイルに結合させる方が簡単ですが、島プロヴィンスを1つだけ追加するような場合には直接抽出したpngファイルに書き込んでしまってもいいと思います。
作り方は人それぞれですので、ここでは抑えておいたほうが良いポイントと例を挙げていきます。

colorscalesの編集

図6は日本付近をトリミングしたものです。
例としてここに佐渡島を追加してみます。

ペイントソフトで追加したいマップのcolorscales.pngを開きましょう。
例ではmap_819_90.colorscales.pngです。

初めてマップをいじるという人はこの時点でパレットの保存をしておくことをオススメします。
というのも、MapMaker?で読み込む画像はindexカラーである必要があるからです。
ソフトによっては読み込み時に勝手にフルカラーにしてしまうものもあるので注意して下さい。(オススメのペイントソフトはindexカラーのまま編集できます。)
見た目をキレイにするために編集はあえてフルカラーで行い保存時にindexカラーに直す、といった作業をする人もいます。
「そんな面倒な事しない!」という人も、不測の事態に備えておいた方がいいでしょう。

それではいよいよ追加したいプロヴィンスの作成です。
作り方は人それぞれなので(ry。
ここでは作成後の例を載せておくのに留めます(図7)。

図6_改.png
図7_改.png
 

ProvIDの編集

次にProvID.pingです。
ProvID.pngを開いて早く編集したいところですが、その前に新しく追加するプロヴィンスの番号(id)を決めましょう。
idは使用されていないものを使ってもいいですし、既存のプロヴィンスを削っても構いません。

例では2607を使用します。
注意:ここでは例として2607を使用していますが、2607のプロヴィンスはゲーム上で選択できないようです。作成する際には、2607以外の番号(id)を使用してください。
idが決まったらids.csvを開き使用するidと対応する色を探します(図8)。
2607の場合208;128;208です(図9)。

図8.png
図9.png

これはRGBの色の設定で、R(赤)が208、G(緑)が128、B(青)が208を表しています。
ペイントソフトで塗るときに必要ですので忘れないようにして下さい。

idと塗る色が決まったら編集したcolorscales.pingに対応するProvID.pngを開きます。
レイヤー操作が出来るものなら先ほど作成したcolorscalesを上のレイヤーとして重ねると楽でしょう。
(レイヤー操作が出来ないものは・・・どうしましょう?)
決めたidの色で作成するプロヴィンスの形を塗りましょう。
多少はみ出したり足りなかったりしても大丈夫です(ゲーム時の見た目は多少悪くなりますが)。
例として追加前と追加後のProvID.pngをあげておきます(図10&11)

図10_改.png
図11_改.png

tilesの編集

河川の作成を参照して下さい。

マップデータの作成

画像の編集が終わったなら、今度はMapMaker?の出番です。
他のディレクトリで画像編集を行っていた場合はMapMaker?のあるディレクトリに作成した画像を移動させましょう(上書き)。

MapMaker?の作業

MapMaker?を起動し1から順に実行していきます。
colorscales.pngの編集をフルカラーで行ってからindexカラーに戻した場合、1の作業で途中でキーを押すよう要求されることがあります(図12)。
そのときは指示に従って押して下さい。
これが出たからと言って作成されたマップに不具合が出る事はありません。

図12.png

作業3は実行した直後にキーを押すよう要求がありますので従って下さい。
3の作業の最後に図13のようなメッセージが出ると思います。
これは作成されたプロヴィンス接続数が規定の接続数と一致していないことを教えてくれています。
このままマップの作成を進めてしまいますと、ゲームを起動した再に「milestone error」が出てしまいますので接続数の調整を行います。

図13.png

もう一度図13見てください。
黄色線部が作成したマップのプロヴィンス接続数であり、水色線部が要求されているプロヴィンス接続数になります。
この例ですと要求されている数よりも4つ多いことになるので、4つ削る必要があります。
戦闘のほとんど起こらない(もしくは戦闘が起こらなくても問題のない)、アフリカやシベリアあたりの接続を削るといいと思います。
削る接続をadj-mod.txtに書き込みましょう。
今回はシベリアの接続を4つ削ります(図14)。
削るプロヴィンスidの検索はゲームを起動してF12→showid かネットにつながっているならばhttp://maps.ederon.net/hoi2iom.aspxで調べると楽でしょう。

図14.png

もう一度MapMaker?を起動し3の作業を行います。
先ほどのメッセージが出なければ成功です。
続いて4〜6の作業を行いましょう。

6の作業が終わったらMapMaker?を終了させます。
Map Utilityのmapフォルダ内に作成されたマップデータが入っているので、全てをパスで指定したゲームフォルダ内のmapフォルダに移動しましょう。
moddirやJSGME、全コピした専用フォルダで導入(確認)する場合はそちらの対応したフォルダに移動します。
この時settings.txtで指定したパスと異なるディレクトリに移動したのであればGamePath?を書き換えてください。

ObjectEditor?の作業

マップデータを移動後、ObjectEditor?を実行します。
「Go」ボタンを押すとパスで指定したディレクトリ下のマップが表示されます。
作成したマップデータをパスで指定したディレクトリのmapフォルダにキチンと移動したのであれば作成したマップが表示されているはずです。
もしカラフルで見難いならば「Use Colorscales」にチェックを入れるといいでしょう。
小さいプロヴィンスを追加した場合はZoom Levelを右側にスライドさせます。
チェック入れたりスライドさせた後に「Go」ボタンを押せば表示に反映されます。

作成したプロヴィンスを探してカーソルを合わせて下さい。
上の中央にそのプロヴィンスのIDが表示されると思いますので確認して下さい。
もし色が真っ黒でIDが0になっていたならばProvID.pngで塗った色が間違っています。
もう一度ids.csvと照らし合わせて確認して下さい。

大丈夫でしたらクリックしましょう。
右下の窓に作成したプロヴィンスが表示されると思います。
□で括られている範囲が作成したプロヴィンスの範囲(大きさ)になります。
意図したよりも大きくなっている場合以下の原因が考えれれます。

  • 他のプロヴィンスでも同じID(色)が使われている
  • (IDを削って再利用している場合)削ったはずのプロヴィンスが削りきれていない
  • プロヴィンスがmap_819_○○とmap_0_○○にまたがっている

一番下は正常ですので大丈夫です(次の作業がかなり面倒になりますが)。
上二つの場合エラーが出ますので画像を修正してからもう一度MapMaker?の作業を行って下さい。

ここではオブジェクトの配置を設定します。
設置するオブジェクトを選び、右上の対応する項目にチェックを入れます。
上から順に「首都マーク/要塞」、「空港/ロケット施設/核施設」、「港」、「浜辺」、「対空砲/レーダー」、「カウンター」となっています。
海に隣接していないプロヴィンスであれば港と浜辺は設定しなくてかまいません。
配置するものにチェックを入れると右下にアイコンが表示されると思います。
ドラッグして置きたい場所に移動して下さい。
場所は□外でも(多分)大丈夫です。
設置し終わったら「Save」ボタンを押して設定を保存します(パスのdbフォルダ内にあるprovince.csvに情報が保存されます)。

図15.png

Province.csvの編集

次に港や浜辺の有無、港の関連付け(プロヴィンスに隣接する海)、スプライトの位置、その他資源などを設定します。
ゲームディレクトリのdbフォルダ内にあるprovince.csvを開いてください。
そして追加したプロヴィンスの行を探しましょう。
例では2607です。検索でPROV2607などとすると早いと思います。

図16.png

図16の赤線部は順番に 地域(Area);地方(Region);州;気候;地形 となっています。
地方や地域の名称はconfigフォルダ内のworld_names.csvやextra_text.csvで変更する事が可能です。
ただし新規追加は出来ないようなので、新しい地方などを作りたい場合は既存のものを削るしかなさそうです。
また、海プロヴィンスの地方や地域を陸プロヴィンスに設定する事はできません(逆は不明)。
シナリオ読み込み時にフリーズします。

気候はArctic(寒帯)、Subarctic(亜寒帯)、Temperate(温帯)、Muddy(温帯/泥濘)、
Mediterranean(地中海性気候)、Subtropical(亜熱帯)、tropical(熱帯) から設定します。
温帯/泥濘はドイツで春にロシアに攻めたことのある人なら大体想像が付くと思いますが、温暖な気候でが泥濘が発生しやすくなります。
他の気候の詳細についてはwikipediaで。
気候や天候の名称はconfigフォルダ内のworld_names.csvで変更できます。

地形はPlains(平原)、Forest(森林)、Mountain(山岳)、Desert(砂漠)、Marsh(湿地)、Hills(丘陵)、Jungle(密林)、Urban(市街地)、Ocean(海) から設定します。
(もともとの設定ではClearという地形が入力されているところがありますが、ゲーム上では平地として扱われているようです。)
名称はconfigフォルダ内のextra_text.csvで変更可能です。

緑線部はインフラです。好きに設定しましょう。
1単位で変更しても大丈夫かどうかは確認していません。
出来れば10単位で変更・設定したほうが良いと思われます。

青線部は順に、 浜辺;港;隣接する海 となっています。
浜辺、港の数はバニラの状態と同じでなければなりません。
ですので新規プロヴィンスにこれらを設定したい場合、既存のプロヴィンスの分を削って使う必要があります。
どこを加えて、どこを削ったかメモを取って置いたほうがいいでしょう。

紫線部は順に IC;マンパワー;石油;金属;エネルギー;希少資源 となっています。
好きに設定しましょう。

黄色枠部分はスプライトの位置になります。
『プロヴィンス間の距離を決めるための値』にもなっています。必ず設定して下さい。
よくわからない場合は、オレンジ枠内のカウンターの位置をコピーしておけば問題ありません。

水色枠部分はよくわからないのですが、プロヴィンスにはもれなく値が入っているのでカウンター(オレンジ枠)の値でも入れておきましょう。(識者の意見求む)

さて例でも設定を行っていきます。
港と浜辺はアフリカ、インド、南米、ソ連東部あたりなら減らしてもいいかも?
今回はボゴロドスコエ(id:1366)を削る事にします。
対応する部分を0で設定しましょう。
今度は追加プロヴィンスに削った分を追加しましょう。
隣接する海は覚えていなければObjectEditor?などで確認して下さい。
設定項目が多く、また間違えやすいので1つ1つ確認しながらやりましょう(慣れてきたら別ですが)。
province.csvの設定でミスをするとエラーになった時原因を探すのがとても大変になります(それこそ投げ出したくなるほど)。
他は適当に設定していきます(図17)。

図17.png

configフォルダ内のprovince.csvで名前、senariosフォルダ内の対応するファイルで所属国(プロヴィンス所持国)を設定します。
dbフォルダ内のrevolt.txtの設定も変更するといいでしょう。

確認とNavaldist.tblの再生成

ここで一旦ゲームを起動して変更が反映されているか確認してみましょう。
milestone errorが出た場合はMapMaker?の作業を1から順にやり直し、3の作業後のメッセージでプロヴィンス接続数を確認して下さい。
その他エラーの確認・回避方法についてはフォーラムのマップ作成・改変MOD研究室をご覧下さい。(出来れば後でまとめます)

無事起動できたら最後の作業です。
ゲームを起動したときに気付いた人もいるかと思いますが、現時点では港があっても目の前の海に海軍を移動する事ができません。逆もしかりです。
海域の距離を再生成するためにゲームフォルダ内のnavaldist.tblを削除してもう一度ゲームを起動して下さい。
シナリオを選択するといつも通りシナリオ読み込みが始まると思いますが、これが全く進まなくなります(ほぼフリーズ状態)。
PCの性能によって異なりますがだいたい10分程度かかります。
暇つぶしでもしながら待ちましょう。
moddirやJSGMEで確認する場合、MODを導入する側にnavaldist.tblが無くても親フォルダ(MODでない大元の方)にnavaldist.tblが存在するとnavaldist.tblの生成が行われません。
一時zip化するなどして親フォルダにもnavaldist.tblが存在しないようにして下さい。

蛇足

もし四国のように海を挟んで接続している状態にしたいならば、ゲームディレクトリのmapフォルダ内にあるadj-defs.csvで設定を追加して下さい。
adj-defs.csvの編集についてはDATAwikiの陸地の接続を変更を参考にして下さい。

図18.png

これで島プロヴィンスの追加は終了です。
存分にいじり回して下さい。

MOD製作/マップ


Top / MOD一覧 / MOD製作 / マップ / 島プロヴィンスの追加