MOD攻略の手引き/ごちゃまぜMOD のバックアップ差分(No.1)


-[[MOD攻略の手引き]]

*[[ごちゃまぜMOD]] [#x2742047]

-'''"IK_readme.txt"や、TOPページに書いていることをあやふやにしてみましょう。'''

#contents

**人的資源収集の調整 [#h1dbca8a]

-人的資源収集量が''バニラの1/4強''(0.278倍程)となっております。''以下はそれの対策である。''

-農業技術の開発
--それぞれの開発で 25% 増加します。史実年度が36年以前の4つの技術を研究すれば 100% 増となり、最終的には 150% 増となります。
--これにより、バニラでは地味であった農業技術の重要性を高めることが出来ました。
-徴兵制スライダーに寄せる
--中央から1つ寄せる毎に20%増で、寄せきると100%増となります。
--これにより、ソ連・米帝の徴兵軍スライダーへ寄せる重要性を高めることが出来ました。
-装甲部隊を用いる
--バニラから言われている事ですが、非常に重要な選択と言えます。
後述しますが、ごちゃまぜの戦車部隊は''バニラよりも扱いやすくなっております''。
-消耗を減らす
--医療組織の開発により、負傷者漸次復帰率が増加します。バニラの2倍(5%->10%)です。
--常備軍スライダーに寄せきることで、新規創設部隊の戦闘補正+60%、負傷者漸次復帰率+50%の改善が望めます。
-ドクトリンを選択する
--人海戦術ドクトリンの研究により、人的資源が100%増加します。しかし、負傷者漸次復帰率が50%減少します。
--消耗抑制ドクトリンの研究により、負傷者漸次復帰率が50%増加します。

-農業技術4つ開発(+100%)、徴兵軍MAX(+100%)、人海戦術採用(+100%)で300%増。
これで集団専科閣僚(+25%)を採用する事で、''やっと''バニラの人的資源収集量を超えます。
--ソ連・中国の人的資源は他国と比べて、非常に多い量を得られます。
--100日あたりから、360日(1年)あたりの収集量にした根拠?
'''ゲーム中にプロヴィンスをクリックした状態で、人的資源の部分にマウスを乗せてみ?'''
「"text.csv"の"HPROV_DRO_MANPOWER"を見てみましょう」とも言えるでしょう。
--この調整により、バニラよりもユニット数が少なくなり、''ゲームが軽くなった''と言えます。
--ちなみに、AIは人的資源収集量が''1年ごとに5%''増加します。
--戦時中でも、日本はアジア圏、イギリスはインド、イタ公と米帝は離島の人的資源を得られます。
日本以外は中核州の場所がそうです。首都を保持していないとなくなりますがね。